MENU

引っ越し業者の料金相場について

引っ越し先が決まり、作業は業者さんにお願いしよう!となったらまずはどれくらいお金がかかるかを調べるのが普通の流れですよね。
うちの場合、大体どれくらいが相場なんだろう?と。

 

ですが、残念ながら引っ越しの場合料金に相場というものが存在しないのです。

 

なぜなら、引っ越し料金は以下の要因に大きく影響を受けるからです。

 

  • 時期
  • 日にち
  • 距離

 

 

引っ越しの需要は季節変動がとても大きい業種です。
普通に考えて3月に引っ越しが集中しそうなことは想像に難くないですよね?
出会いと別れのシーズンですから。

 

2、3月はそもそもの相場が高く、見積もりを取ってみても業者さんがかなり強気の対応をしてきます。

 

私が以前3月に引っ越しをしたときは、ゴリゴリ営業でおなじみの引っ越しのサカイですらかなり強気でした。

 

サカイの訪問見積もりって、ペーペーっぽい営業君が一人で現れて一通り荷物量を確認した後、
べらぼうに高いボッタクリ見積もりを出してくる

 

 

渋る

 

 

上司に確認させて欲しいと言いその場で電話をかける

 

 

散々怒りながらも上司が渋々値下げに同意する

 

 

っていう流れがデフォなんですが、繁忙シーズンだったときは上司からOKが出ず、
「他社さんに負けたらしかたないです…。」と言って肩を落としながら帰っていったのです。

 

あのサカイがですよ!

 

というわけで、3月は特に引っ越し業者も強気の見積もりで勝負してくるということを覚えておいてください。

 

 

次に日にちです。

 

これは結構単純で、土日と月末が高いです。
あとは月末の大安。

 

やっぱり縁起を気にする人は多くて、月末と土日と大安が重なった日にはもうかなり強気の見積もりを出してくると思って間違いありません。

 

業者さんもトラックを確保する必要があったりしますから、無理なものは無理と言われてしまいます。
同じ時間帯で依頼がかぶった場合、高い金額を出してくれる方で決めちゃうのが企業ってものです。
利潤を追求してナンボなわけです。

 

 

最後に距離。

 

これもあまり無理が利かない要因です。
高速代などはどうしてもかかってくる経費ですし、作業員の人件費だって長距離移動にはついて来るわけですから。

 

遠ければ高いですし、近ければ安い、そんなもんです。

 

さらに言うと、沖縄が絡む引っ越しは業者使うと絶対高くなります。
これは海を越える必要があるためで、ここだけはどれだけ頑張ってもうまくいったという話を聞いたことがありません。

 

 

まとめ

 

結局、引っ越し料金の相場はないんです。
時価といってもいいですね。

 

最善の策は、アイミツです。
一括見積もりで複数業者から見積もりとってみて、その時期の相場というのをその都度確認しながら随時値引き交渉をしていくしかないんですよね。

 

引っ越し先が大きなマンションの場合はエレベーターまでの床や壁を養生しないといけなかったり、トラックから人力で運ぶ距離が長くなるので人件費的に上乗せされるといった案件によって変わってくる諸事情もありますし。

 

なので、まずは一括見積もりに申し込んで相場を見極めましょう。
値引き交渉はその後ですね。